読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野上さん、長谷川豊を批判するのと同時に財源問題に切り込まないと片手落ちなんじゃないかな

おはようございます。ゆうき(@yukipay7)です。

 

前回に続き長谷川豊炎上問題についてです。

 

こんな記事読みました。

www.huffingtonpost.jp

 

この記事の野上春香さんの記事を見ると、長谷川氏の一方的なマシンガントークが見て取れますねー。

長谷川さんは、挨拶の段階で一方的に「不快な思いをさせた」という一点だけで謝って、一気にバーッと喋りだしました。謝罪したのに、時には私の話も遮りました。

 

記事全体を読んで野上さんの言っていることはよくわかるし、ブコメを見てもほぼ全員が野上さんに同意しています。

 

ただ、野上さんには「医療費の財務問題」についてコメントほしかったですね。

 

そもそも、長谷川さんの主張の根底には、近い将来に健康保険の崩壊がありうるってことなんですが、そこについて反論しない限り、話は平行線なんじゃないですかね。

 

そこに答えを出さないと、前回ボクが書いたように医療費負担がどんどん増えていく過程で、世論が長谷川豊化しかねないです。

yukipay.hatenablog.com

 

今は長谷川さん1人が悪者になっているので簡単に反駁できるけど、そんな世論が形成されちゃった後ではヤバいんじゃないかなって思います。

 

医療費は本当に破綻寸前なのか、もしそうなら健常者の医療費負担率が上がっていくのは目に見えているので、その際の全額補償者はどうあるべきか、ってところを、本来、長谷川さんに反論する野上さんの口から聞きたかったなって思います。

 

長谷川さんも、せっかく野上さんと対談したんだから、その辺を逆質問するべきだったんじゃないのかな。その点も残念。

 

それじゃ!