読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長谷川豊が炎上したのは仕方ないけど、実は世論を先取りしていただけだったりして。

おはようございます。ゆうき(@yukipay7)です。

 

いやー、久しぶりのブログ更新です。

 

長谷川豊がブログで「自業自得の人工透析患者は殺せ」という過激な発言を自身のブログで展開して炎上しましたが、もう1か月以上も経つんですね。

 

実のところ、ボクはこの炎上騒動を見て、長谷川さんにも批判者側にもどっちも違和感があったんです。

 

今はだいぶ鎮火しましたが、当時の感じたモヤモヤが1か月たって少しずつはっきりしてきたのでここに書き留めておこうかと。

 

長谷川さんに対する違和感

まあ、これは多くの人が指摘していたので目新しいことはないのですが、やっぱり目を引いたのは殺せっていう過激な発言と根本的な勘違いかなと。

 

ざっくりまとめると、自業自得な透析患者には医療費補助すべきではない、全額負担だってことでした。

 

言わんとしていることは、わからんわけでもないのですが、じゃあ虫歯患者は?HIV感染者は?って、どんどん広がっちゃうわけです。虫歯も(性感染の)HIVも予防しようと思えばできますよね。だから自業自得って言っちゃえば自業自得です。

 

 ちなみに、HIV感染すると障がい者3~4級になって医療費全額負担、税金や公共料金の補助が受けられます。一生付き合っていく病気という意味では透析患者と似ていますね。(エイズまで発症すると1~2級になります)

 

結局のところ、日本の健康保険は、原因や経緯に問わず誰もが享受できるということが前提なんですよね。それを前提に何十年もやってきたので、自業自得は・・・ってなると健康保険制度自体が崩壊してしまうと思いますよ、

 

そこまで考えず、負担の大きい透析だけに目が行ってしまった長谷川さんはちょっと短絡すぎたと思います。

 

批判者側への違和感

一方で健康保険制度が実は年金問題より深刻だってことがよく言われています。これから高齢化していくし年金より先に破たんするんじゃないかって。

 

じゃあどうなるかって言うと、自己負担額が今の3割から徐々に上がっていくのはもう目に見えているんです。実際に過去2割から3割に上がった実績もあるわけだし。

 

3割が4割になって、そして5割とかになったら、果たして同じことが言い続けられるのかって言うと疑問なんです。自分が5割負担している横で全額補助を受けている人がいる、でその人たちは過去にちゃんと予防していたら罹患しなかったなんてことになったら、みんなどう思いますかね。

 

たぶん、世論は一気に長谷川豊化するんじゃないかなって思います。「自業自得の人工透析患者は殺せー!」って過激なこと言う人、絶対出てきますよ。

 

透析の元になっている糖尿病は、たしかに遺伝性の要素が強いと思います。でも、それでもちゃんと予防していれば透析になるまで行かなかった人がいるのも事実。そもそも、ほとんどの人が何らかの体質を持っているわけだけど、みんながみんな病気になるわけじゃないんです。

 

じゃあ結局どうすりゃいいのか?

おそらく近い将来、医療費の自己負担額を増やしていくと同時に、各自の予防処置も絡めていくんじゃないかなって思います。

 

透析やHIVみたいな、処置を止めたら死んでしまうような病気は難しいかもしれませんが、予防処置していた人の自己負担額を下げるみたいな感じです。例えば定期的に歯石取りしていた人が虫歯になったら、5割負担が1割負担になる、みたいな。

 

糖尿病の改善プログラムを受けていた人が透析になってしまったら全額補助だけど、そうじゃなかったら1割負担とか。

 

いろいろ議論になりそうですが、いずれそうせざるを得ないんじゃないかと思ったりしています。

 

なので、炎上して職を失った長谷川さんは、実は世論を先取りしていただけなんじゃないかって思ったりもします。

 

 それじゃ!