読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fラン卒業するくらいなら起業した方がいいかも。起業を教える大学があってもいいかも。

おはようございます。ゆうき(@yukipay7)です。

 

以前こんなブログ書きました。

yukipay.hatenablog.com

 

明言はしなかったものの、暗に例の大学生を批判しているかのような記事でしたが、ボク自身は彼の起業に関しては特に批判もなくニュートラルな位置にいます。

 

↓燃えたのはこの記事ですね。

www.ishidanohanashi.com

 

ただ、彼の場合あんまり偏差値の高そうな大学ではないみたいで、そうであれば起業という選択は悪くないかもしれません。低偏差値大学を卒業してもブラック企業や介護職の確率高いですからね。大企業なんて不可能に近いです。

 

会社って結構大学名見ていますからねー。高偏差値大学卒業=優秀な新人という図式は今もって変わっていませんから。

 

その意味では、彼の場合、(4か月っというスピード中退という点はともかく)起業するという選択肢はアリだと思います。ブラック企業に行くよりはマシでしょう。

 

もっとも、批判の対象はどんなビジネスをするのか決まっていない点とわざわざ中退するという点であって、起業という判断そのものについてはあんまり批判されていませんが。

 

で、さらに思うのは、大学で起業を教えるカリキュラムがあってもいいんじゃないかとも思うんです。高偏差値大学以外は現実的に就職が厳しい(就職率というより希望の会社に入れなかったという意味で)というのであれば、起業と言う選択肢があってもいいと思うんです。暗中模索で起業するより大学で教育を受けた方がいいんじゃないかな。

 

こんな風に書くと感性が削がれるとか言う人いそうだけど、起業アイデアもさることながら、会社設立の届け出とか税金とか財務とか、起業のコアの部分以外で覚えなきゃいけないことっていっぱいあります。

 

それ以外でもマーケティングとか過去の成功例とか失敗例とか、専門家から教育を受けるって重要だと思うんですよね。

 

そんな大学があったらいいなって思いました。

 

それじゃ!