読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもりニートの友人に言いたい。君に足りないのは頭ではなく根気だ。

おはようございます。ゆうき(@yukipay7)です。

 

先だってこんか記事書きました。

yukipay.hatenablog.com

 

クラウドソーシングで挫折して、今は悶々と過ごしている友人ですが、対人恐怖症だと、やっぱりネット環境のみで仕事できるって結構重要なんですよね。

 

一方で売り手市場ってこともあり、どんどん値崩れしやすいのも事実なので、ちょっとやっただけでは挫折するだけなんです。

 

ブログも1日500PV以上を出している人って、全体の5%だって言うじゃないですが、でもこれって、おそらく1年以上コンスタントにブログをアップし続けている人が、5%もない、ということなんじゃないかと思うんですよね。

 

ブログをやって最初の3か月でPVが上がらず、もうダメだって挫折するのって、「根気ねー」って思うでしょ。

 

つまり、クラウドソーシングの世界も同じなんじゃないかなって思いました。数か月くらいじゃ低単価案件しか掴めないんですよ。きっと。1年、2年とやり続けて、実績詰んで、プロジェクト案件の割合を増やしつつリピーターを探していく、という作業を淡々とやっていかないといけない世界なんだと思います。

 

だから、3か月で挫折した引きこもりニートの友人は、まずは数年続けるべきだったんですよね。今からでも遅くないと思うし。それに、7万円くらいの月収で絶望していたけど、いや、オマエ、その前の月収ゼロじゃん、挫折した今もゼロじゃん、7万円ってスゲーじゃん、って思う訳なんですよ。

 

 おそらく、がんばってがんばってその収入だったから、もう伸びしろががないと思っちゃったんでしょう。でも、作業工数は頭打ちでも仕事の質はまだ伸びしろあったはずなんですよね。

 

その意味でも、3年はやり続けてほしかったです。もし、3年経ってダメだって気づいた時に、その3年間が無駄になるって言っていたけど、今の状態で過ごすと、すぐ3年になっちゃうんですよね。その方が無駄じゃん。それにライター3年やった時期って無駄になるのかな?僕はそう思わないけど。

 

というわけで、「俺は馬鹿なんだ」とのたまわっている友人ですが、そうじゃないんだよなー。君に足りないのは頭じゃなく根気なんじゃないかなって思いました。

 

それじゃ!

 

写真系もあるみたいですね。これは面白いかも。