読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高畑容疑者のようなレイプマンは果たして先天性なのか

おはようございます。ゆうき(@yukipay7)です。

 

いま世間をにぎわしている高畑裕太容疑者なんですが、なぜ性衝動を抑えられなかったのかっていう疑問の声が多いですよね。たしかに僕も好みの女性がいたりすると、ついよこしまな気持ちになったりしますが、そこは理性が抑えているわけです。高畑容疑者はそこが抑えられなかったということになりますが、タレント女医のおおたわ先生が医学的な見地からこのような意見を言っております。

 

news.livedoor.com

 

おおたわ氏は「性衝動って、視床下部で起きてくると、前頭葉でそれを抑制する」と解説し、ふたつの機能がつながっているからこそ、日常生活において性衝動を抑制しながら生きているのだと説明した。

 

なるほどー、しっくりきました。Wikipediaによると、

視床下部

視床下部からのホルモン放出により性ホルモンの分泌を促して、性行動に向かわせると共に視床下部にある性中枢が刺激されて性行動が発動される。

前頭葉

大脳皮質のドーパミン感受性ニューロンの大半は前頭葉に存在する。ドーパミン系は報酬、注意、長期記憶、計画や意欲と関連付けられている。ドーパミンは、視床から前頭へと伝えられる感覚情報の制限、及び選択に関連しているとされている。

 

普通の人間は、前頭葉が性衝動を抑えているわけですな。逆に性犯罪者はこの2つのパワーバランスが逆転してしまった人ってことになるわけです。

 

そう考えると、性犯罪者の根本原因は親の育て方でも環境でもなく、脳の障害と言っても過言ではないんじゃないかと思うんです。どこまでを個性ととらえて、どこから障害と言えばいいのか境界がないのですが、少なくとも他人に大きな危害を与えてしまうほどのものなら障害と言ってしまってもいいのではないかと。

 

そう考えると、性犯罪者の再犯率が高いことも頷けます。教育じゃ治らないんですね。医学的な処置が必要だってことです。覚せい剤再犯率と同じ理屈ですねぇ。あれは後天的に脳にダメージを与えるものなんですけど、脳に問題があるという点は一緒です。つまり個人の努力じゃ治らない。

 

性犯罪って薬でなんとかならないんですかね。性ホルモンの分泌を抑える薬ってありそうな気がするんです。犯罪を犯す前の人には無理だけど、せめて性犯罪を犯してしまった人には定期的に薬を与えるようなことをしないといけないんじゃないかなって思います。

 

それじゃ!

広告を非表示にする